アルク留学センター

一人ひとりの伸びる力をサポート

2016年07月

2016年8月★TOEFL Jr実施のお知らせ

2016年07月26日

TOEFL Juniorは、英語を母語としない中高生の英語運用能力を測定する世界共通テストとして高く評価されており、世界50カ国以上で採用されています。

TOEFL Jr Test

今回、既に弊社のお客様としてご登録頂いている方、また8月12日(金)までに、短期・長期ご留学のお問合せ頂き弊社のお客様としてご登録頂いた方の中からご希望の方に、下記の日程でTOEFL Junior Standard テストを実施いたします。

尚、受験料はお客様のご負担となりますので、ご理解の上お申込み下さい。

※下記のオンライン”イベント予約ページ”より受験をお申込頂くと、自動的にお客様登録をさせて頂くこととなります。

また、ご登録の際にご希望頂きましたご留学の資料をお送りいたします。

枠には限りがございますので、ご希望の方はお早目にお問い合わせ下さい。

日時 2016年8月27日(土) 

受付時間:13:00

テスト開始:13:30

終了:15:30(予定)
場所 アルク留学センターオフィス内(最寄り駅:市ヶ谷)

※地図は、こちら
募集人数 8名
受験料 4,320円
対象 以前弊社にお問合せ頂き、弊社のお客様として既にご登録頂いている方

8月12日(金)までに弊社にお客様登録を頂いた方
お申込 オンラインのお申込:こちらのイベント予約ページよりお申込下さい。

※オンラインでご予約の場合は、弊社のご返信をもって確定とさせて頂きます。

お申込頂いても、定員に達している場合は受験頂くことができませんのでご了承下さい。

お電話でのお問合せ/お申込: 03-3556-1325(月~土: 10:00-18:00)

ニュージーランド1年間留学

2016年07月20日

nzoneyear

1年間留学とは、日本の学校に籍を残したまま留学し、1年間を終えた時にもとの学校に戻る事を言います。1年間留学の場合、留学先で卒業資格を取得する必要がないので、卒業留学に比べ比較的自分の好きな科目を中心にカリキュラムを組むことができるのが特徴です。2~3週間の留学と異なり、1年間という時間をじっくり使って現地の中学・高校での授業はもちろん、クラブ活動(スポーツ)などを通して多くの経験を積むことが出来ます。様々な活動を通じて沢山の友達を作り、日本とは異なる文化を学んできましょう。感受性の強いこの時期だからこそ、多くのものを吸収し、感じる事ができます。

数ある国の中でも、ニュージーランドは、受入体制が整っており、安心な国です。

point1年間留学は、どんな人にお薦め?


英語は学びたいが、日本語力も大事!

せっかく入学した日本の学校を卒業したい。

現地校の授業、ホームステイを通じて異文化体験したい。

1年間留学のメリット

NZonex

①日本の同級生と一緒に卒業できる可能性大

【高校生の場合】

「1年間留学をしたいが日本の学校の卒業が1年遅れてしまうは嫌だ。」とお考えのご家族も多いのではないでしょうか。しかしながら実際には、留学中に取得した単位を日本の学校単位として認めてもらい、留年せずに元の学年に戻れる場合も少なくありません。

(「高校生の海外留学の重要性等に鑑み、高校生の海外の高等学校における履修を、校長が国内の高等学校の履修とみなし、単位の取得を認定する事ができる。」文部科学省・学校教育法施行規則より)

在学中の日本の学校の校長先生判断により対応が異なりますので、ますは学校への確認してみましょう。留年の必要がなくなることで、留学実現の可能性が広がるのではないでしょうか。

【中学生の場合】

公立中学校であれば義務教育中なので、帰国後年齢に該当する学年に復学することが可能です。

私立中学校の場合は、在籍中の日本の学校の校長先生判断となります。まず在学校へご確認下さい。


②正規留学に比べ費用を抑えられる

卒業目的での正規留学の場合、長期間の留学生活となりますので、学費に加え現地での生活費と大きな費用が必要となります。各ご家庭の事情で長期間の留学費用は厳しいというご家庭でも、1年間という期限付きであれば可能性が広がります。海外留学を希望されるお子様の正規留学を諦めてしまっているご家庭でも、留学が実現できるかもしれません。一度ご検討して見てはいかがでしょうか。


③自立心や積極性を身に付け、個性を伸ばす

多感な時期に親元を離れ生活することで、自立心や積極性を身に付ける体験をする事ができます。留学すると自身で判断しなければならない事も多く出てきます。甘えられる親御さんも近くにいないので、ホームステイ先のお母さん、学校の先生などと話し合って自身で決めなければならない事も沢山あると思います。また、自分の意見や思いを相手に伝える事も重要になってきます。異文化の中で、色々考え生活する事で自身を見つめ直し大きく成長します。親御さんの有難さを感じるお子さんも少なくありません。

ニュージーランドを選ぶメリット

NZPI

①英語力に自信が無くても安心

ニュージーランドは、留学生を積極的に受け入れている国のひとつです。数ある国の中でも特にニュージーランドをお薦めする理由は、中学・高校がESOLと呼ばれる英語が母国語でない留学生のための初級からの英語学習コースを持っている事です。中学・高校入学後にカリキュラムの一環としてしっかりと英語力強化をサポートしてもらえるため、英語力が十分でなくても直接、中学・高校へ入学する事が可能なのです。1年という限られた期間の中で滞在する生徒にとって大変心強いサポートであり、出願時英語力でつまずいてしまう事が多い日本人にとっては暖かく迎えてくださる国であるともいえます。

②在学校からの紹介のホームステイ

ニュージーランドの場合、滞在はほとんどホームステイですが、そのホームステイ先は、入学する中学・高校が紹介してくれます。学校をよく知っている家族が受入れを行っていますので、何か問題があれば、学校とホームステイ先とが一緒になって問題解決に取り組んでくれます。他の国のホームステイには無い利点です。

③日本人スタッフが現地でサポート

オークランド(ニュージーランド)では、弊社提携オフィスの日本人スタッフが、お子さんを完全にサポートします。何かあれば、迅速に対応致しますので安心です。

④他の国に比べ費用が割安

ニュージーランドの場合、学校によりますが授業料、滞在費、食費、現地ガーデイアンシップ費用、手続き費用を含めても年間の費用は、300~400万円で収まる場合が多く、北半球で留学するよりもぐっと費用を抑えることができます。

お薦めの留学時期

ニュージーランドと日本では、学校の新年度開始時期や学期が異なります。1年間留学の場合は、1年後の帰国を考慮して、日本の学期に合せた留学時期を選ばれると良いでしょう。南半球に位置しているニュージーランドは、日本と季節が反対になります。学校の新学期は、暦により毎年異なりますが1月末あるいは2月上旬です。また日本の3学期制と異なり、4学期制をとっています。

学年

お薦め①:4月(日本の1学期)からの留学

日本の新年度が始まる4月上旬は、ニュージーランドの1学期の終わりの時期となります。年度により異なりますのが、2学期目から現地の学校へ入学する事をお薦めします。日本で終業式が終わった3月末からすぐに留学を開始したい場合は、現地校の2学期がスタートする日まで、ニュージーランドの語学学校で事前に留学準備コースを受講するのも選択肢のひとつです。

【目安のプラン】

nzplan1

お薦め②:1月(日本の3学期)からの留学

ニュージーランドの新学期は、1月末(または2月上旬)です。それに合わせて、日本の冬休みあけの3学期から1年間の留学をスタートします。年明けに渡航し、現地の新学期開始まではニュージーランドの語学学校で留学準備コースを受講する方法が一般的です。
1月からのご留学は、現地の中学・高校のカリキュラムを1年間しっかりと学ぶことが出来るのが魅力です。また帰国時後、日本の3学期から復学することで、翌年の新年度へ向けての準備期間を持てることをメリットとして選ばれる方も多くいらっしゃいます。

*いつから留学を開始するかは、日本の在籍校と相談するのが良いでしょう。

【目安のプラン】

nzplan2

無料カウンセリング受付中!

アルク留学センターでは、経験豊富な「留学のプロ」のカウンセラーが、留学実現に向けてあらゆる面からご相談に応じます。

遠方にお住まいの方やお忙しい方には、電話やメールでもご相談を受け付けております。

こんな質問していいのかな?と考える前にお気軽にどうぞ!

【電話カウンセリングをご希望の方は】
無料電話相談 03-3556-1325(月~土 10:00-18:00)
※弊社からのお電話を時間指定で希望の場合は、下記【無料メール相談フォーム】の『(13) 連絡事項やご質問など、お気軽にご記入下さい。』に、電話カウンセリング希望の旨明記頂き、お電話をご希望される日時をご提示ください。

弊社からお電話させて頂く場合も、上記日時内に限らせて頂きます。

ページトップへ