アルク留学センター

一人ひとりの伸びる力をサポート

Kinross Wolaroi School

キンロスウォラロイ

aus_kw
所在地59-67 Bathurst Road, Orange, NSW 2800
設立1866
対象学年K~12年生
総生徒数840
滞在方法寮(271名)
年間費用授業料+寮費:Year 7-12 A$ 41,491~42,751
サイトhttp://www.kws.nsw.edu.au
aus_kw

キンロス・ウォラロイ・スクールは、ジーロング・グラマー・スクールに次いで、オーストラリア第二の規模を誇る男女共学の寄宿制学校です。
当校は、英才教育プログラムを持つことでよく知られ、それだけに、ある教科で特別な能力を持つ生徒は、その才能を最大限に発揮できるよう、十分に考慮された教育を受けることができます。各教科における個人の能力に見合った教育を授けることこそ、真の教育の平等、というのが学校側の基本理念だからです。
また、当校はオーストラリア国内で常に先駆けて、最新の教育設備の導入を行っていることでも有名です。中でも、1980年代初期から行われてきたコンピューター教育は、今では大変な充実ぶりで、日本語、フランス語、ラテン語等の語学教育や音楽教育にも非常に熱心で、他校をリードしています。
一日に一度は、小グループに分かれた生徒たちと、各グループ専属のスタッフが顔を合わせ、生徒一人一人の悩みや関心事を話し合うチューター・ハウス・システムがあり、より深刻な問題を抱える生徒には、カウンセリング・チームが相談に応じています。また、在校生が一つのチームとなって、新入生の世話にあたるサポート・システムもあるので、不慣れな新入生が孤独に陥ったり、混乱したりすることは少ないようです。
課外活動も、各種スポーツ、音楽、演劇など、たいへんに盛んで、試合や舞台発表の機会も多く、そのための設備も完備されています。また、授業や課外活動を男女共学で行うメリットは言うまでもありませんが、男女別々に送る寮生活も、それぞれで異なる趣味やリクリエーションを、思い思いに楽しめるという意味でも重要です。大規模なボーディング・スクールとしての経験と蓄積が生かされた寮生活は、多くの寮生にとって魅力的です。

ページトップへ