アルク留学センター

一人ひとりの伸びる力をサポート

海外高校卒業後の進路

卒業後の進路

卒業目的留学にとって、卒業後の進路や進学先についてもしっかり考えておくことは大変重要です。具体的なビジョンがあれば、対策もよりたてやすくなります。滞在国の大学などへそのまま進学ということであれば、最終学年で行われる統一試験などでおおまかな進路が決まります。特に私立校では進学に合わせた勉強を行うため日本から大学留学するよりはスムーズにいくといえるでしょう。滞在国以外の国での進学を目指すなら、その国の入学条件や教育制度に合わせて準備をする必要があります。日本の大学へ進学する場合は、留学経験を生かし易いAO入試や帰国制入試を活用することも可能です。

海外の学校では、比較的早くから進路を決め、それに応じて科目を生徒が自ら選択します。
高学年に上がると選択科目が増えるので、自分が将来何をしたいのか常に考え、意識しながら留学生活を送るのが肝心です。
学校には、アカデミックアドバイザーなど進路相談や選択科目の選び方、取り方について相談にのってくれるスタッフが常勤しています。留学生活を開始する「年齢によっても変わりますが、現地の学校を卒業した後の進路をある程度念頭においた方がよいでしょう。

ページトップへ