アルク留学センター

一人ひとりの伸びる力をサポート

イギリス・プレミアム親子留学体験談

DSC03718
留学先 北イギリス・カークビー
参加親子 母・息子(12歳)・娘(10歳)
参加プログラム イギリス・プレミアム親子留学プログラム
滞在期間 1週間

【体験談】

夏休みの8日間、北イギリス、ノースヨークシャー地方のFleethamLodgeに親子留学(母+子2人)しました。
ノースヨークと言うと小説「嵐が丘」より、強い風が吹き付ける荒れた大地というイメージでしたが、私達が訪れた8日間は、天候にも恵まれ湿気も無く、爽やかな風の吹く過ごしやすい1週間でした。

FleethamLodgeはニューキャッスル空港から、1時間ほど南下したKirkbyという小さな町にあります。周囲は一面小麦畑に覆われ、羊の群れや藁が見えるだけという静かな場所です。ロンドンのような都会とは全く違うイギリスの雰囲気を体験し、集中して、英語を勉強するのには最適な場所でした。
滞在は、Lodgeの主催者であるベルニ先生のお宅にホームステイしました。部屋は大変広く、先生方とのお住まいと、私達の部屋は完全に仕切られています。親子で一人一部屋(全室、バス、トイレ付き)という贅沢な部屋で過ごす事ができ、まるでイギリスの田舎町のB&Bに宿泊している気分でした。
お食事もベルニ先生やご主人の手作りです。贅沢ではありませんが、イギリスの伝統料理である、ローストターキーやヨークシャープディングなど本場の味を楽しめます。
またベルニ先生がインドネシアに住んでいた事もあり、日本人の私達のためにお米も準備して下さっていたのには驚きました。先生方ご家族が温かく私達を迎えてくださったことに感謝の気持ちで一杯でした。
またお庭には、広大な芝生の庭とテニスコートがあります。2匹の飼い犬と思い切り駆け回ったり、芝の庭でクリケットやテニスをしたりと、日本では味わえない体験も沢山することが出来ました。
レッスンは5日間という短い期間でしたが、午前中の4時間は英語レッスン、昼食を挟み、午後は観光という盛り沢山のプログラムでした。

DSC03467

ベルニ先生は、インドネシアとロンドンで英語を30年間留学生に教えていらしたキャリアのある女性です。レッスンは自分達の希望をリクエストできます。ベルニ先生に教えてもらった息子はTOEFL Jr.の対策を4時間、私と娘は2時間ずつ文法やコミュニケーション中心の授業をベルニ先生の娘であり、ロンドンで公立小学校の先生をしているマドリン先生に教えてもらいました。
午後も周囲の国立公園、お城等の観光地から、市民の人達が日常で利用している、プール、公園、映画館、カフェ、イングリッシュパブ、アンティークショップに連れて行ってもらいました。イギリス人の日常生活を体験し、英語が日々の生活でどのように使われているのかを身を持って感じる事ができたのは、親子共々大きな収穫でした。
わずか1週間のホームステイでしたが、日々の生活を大切に、静かに暮らしている人々の生活を体験する事ができ、古い物を大切にするイギリス人の文化や心を少し理解できたような気がしました。
ただ、親子で滞在していると、どうしても親子間で日本語を話してしまったり、子供は私を頼ってしまうことがありました。現地では日本語を使わない等、親子間でルールを決めていけば良かったと反省しました。
また1週間だと、ホームステイ先ではお客様で終わってしまうので、もっと自分達から積極的に家の仕事を手伝い、家族の一員として過ごすことが出来れば良かったと思いました。
それらの点を考慮すれば、わずか1週間の親子留学でも十分に実りのある滞在にする事ができると思います。また是非親子で伺う機会を楽しみにしています。

ページトップへ