アルク留学センター

一人ひとりの伸びる力をサポート

St. George’s School

セント・ジョージズ・スクール

St. George's School
所在地Chemin de St. Georges 19, CH 1815 Clarens Montreux
設立1927
対象学年5~13(寮生:5~13年生)
総生徒数473 (男子 233 / 女子 240)
寮生数82
年間費用SFr.78,280~98,400 (食費・寮費含む)
公用語フランス語
サイトhttp://www.stgeorges.ch/
sw_sgeorge

レマン湖畔の高台に、広々としたキャンパスを構えるセント・ジョージズ・スクール。かつて女子校だったこの学校は、現在では3歳から18歳まで(ただし寮生は10歳から)の男女共学校です。英国教会のミッション・スクールとして設立された同校では、自然に恵まれ、なおかつ国際色に富むというスイスの環境を背景に、英国式の全人教育を基盤としている点が特長です。
教師陣はイギリスの名門校出身者をはじめとして欧州各地から集められており、教育の指導水準は極めて高いといえます。本校の生徒はハイスクール・ディプロマまたはIB(インターナショナル・バカロレア)取得コースに進み、イギリスをはじめとしたヨーロッパ各国の大学のほか、北米の大学に進学することも可能です。また、セント・ジョージズ・スクールでは2010年9月、リゾート地として名高いヴェルビエにジュニア・キャンパスをオープンしました。
生徒の国籍は日本を含めて約50ヶ国にも及び、学校の雰囲気は家庭的であり、クラス編成が少人数制なのはもちろんのこと、生徒一人一人に個人指導のチューターがつき、学習上の問題から個人的な相談にまで、親身になって力を貸してくれます。
各種のスポーツ施設も充実しており、校内にはバスケットボール、バトミントン、テニス、バレーボールコートを含んだ近代的なスポーツホールの他、屋外テニスコート7面などの設備が充実しています。冬学期中、生徒は週に1度レ・モッスを訪れ、スキーを楽しみます。
勉学の環境を整えるのみならず、一人一人がバランスのとれた人格の形成を図れるよう、同校では自分たちを取り巻く世界について深く考える機会を与えようと務めています。教室ではさまざまな時事問題や国際的諸問題が活発に討論されており、そうした時間を通して生徒たちは周囲の社会的状況に対する鋭敏な認識力を体得していきます。実際に同校の生徒たちはボランティア活動にも熱心に取り組んでおり、卒業後に自国の福祉活動に携わる生徒も少なくありません。
国際交流と世界平和への願いを根底に置き、広い視野に立って21世紀の社会に貢献できる人材を育てていこうとするセント・ジョージズ・スクールでは、学力のみならず、深い洞察力と奉仕精神をも兼ね備えた豊かな人間性が育まれていきます。

ページトップへ