アルク留学センター

一人ひとりの伸びる力をサポート

The American School in Switzerland

タシス

TASIS Switzerland
所在地CH- 6926, Montagnola- Lugano
設立1955
対象学年幼~12(寮生:7~12年生)
総生徒数733(男子362/女子371)
寮生数365
年間費用SFr.83,000 (食費・寮費含む)
公用語イタリア語
サイトhttp://www.tasis.ch/
sw_tasis

イタリアに近いスイス南端のルガノ市にある通称タシスは、1955年に設立されたヨーロッパにあるアメリカン・ボーディング・スクールとしては最も古い学校です。ルガノ湖を見下ろす美しいキャンパスには40カ国あまりから約570人の生徒が在籍しており、まさにインターナショナルな雰囲気に満ち溢れています。
タシスでは「誠実、尊重、責任、思いやり、謙虚、奉仕、展望」から成る7つの道徳精神を育むことを教育の目的としており、これは日々の授業のみならず、様々なバックグランドをもつ生徒たちの交流を通じて、あるいは学校が提供する様々なアクティビティや課外活動などを通じて実践されています。
1クラスの平均生徒数は13人と、少人数制を徹底しています。アメリカンスクールということもあり、約3割程度の生徒がアメリカまたはカナダからの生徒で、残りはヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカ等の生徒で構成されています。アメリカの教育システムのもと、アメリカの大学進学を希望する生徒が多くいる一方で、IB(インターナショナル・バカロレア)ディプロマを取得後、世界各国の大学へ進学する扉も開かれています。進学にあたっては、大学進学カウンセリングシステムもあり、指導体制は整っています。
タシスでは、2010年より生徒の出席状況や成績を保護者がオンラインで確認できるシステムを導入しました。また入学時に生徒にはATMカードが渡され、事前に保護者が設定した1日あたり/1カ月あたりの限度額に基づき、生徒は自分の好きな時にお小遣いを引き出すことができます。
タシスではコミュニティー・サービスにも力を入れており、約20種類のプログラムを生徒に提供しています。具体的には、生徒会やイヤーブック作成、老人ホームや児童擁護施設の訪問、模擬国選参加、恵まれない子供達や女性の人権問題に対応する取り組みなど内容は多岐に渡り、9年生以上の生徒は必ずこのプログラムに参加するよう求められます。生徒はこのようなプログラムを通じて、リーダーシップや問題解決能力を自然に育成していきます。

ページトップへ