アルク留学センター

一人ひとりの伸びる力をサポート

Worksop College

ワークソップ・カレッジ

Worksop College
所在地Worksop, Nottinghamshire, S80 3AP
設立1895
対象年齢13~19
総生徒数344(男子 198/ 女子 146)
寮生数106(13歳~)
年間費用£27,657(食費・寮費含む)
サイトhttp://wsnl.co.uk
worksop

ロンドンの北、ノッティンガムシャー州の田園地帯あるワークソップ・カレッジの教育目標は、「若者の責任感・リーダーシップ・奉仕の精神を育むこと」「バランスのとれたカリキュラムと個別的なケアを提供すること」「生徒をキリスト教の信仰と価値観に触れさせること」の3つが挙げられます。創立時の姿をとどめる礼拝堂や図書館がキャンパスに残る一方で、教育の現場は実に現代的です。
芸術には非常に力が入れられており、構内の建物のあちこちに生徒の芸術作品が展示されています。生徒は、油絵、グラフィック、写真、彫刻、陶芸などのなかから、自分の興味に応じて履修することができます。音楽の分野では、毎週150もの個人レッスンが行われており、演劇のクラスでは、伝統的な劇に加え、アガサ・クリスティの作品なども上演されています。スポーツも同様に盛んで、近年では、州代表やイングランド代表にも数々の選手を送りだした実績があります。
生徒たちの視野を広げるため、海外旅行も行われています。フランスやベルギーの戦場跡、アルザスのぶどう畑へのツアーが定期的に組まれ、冬はアルプスへスキーに出かけます。20名の生徒がエクアドルのジャングル探検を敢行したときは、大きな反響を呼びました。
留学生は、このキャンパスで貴重な存在です。アメリカ、ロシア、日本、フランス、ドイツ、タイ、香港、東欧と、さまざまな国からやって来る留学生、そして彼らの多様な価値観を、学校側は心から歓迎しています。留学生には専任のスタッフがつき、外国人留学生プログラムという枠のなかで、空港への送り迎えから休暇中のサポート、EFLの指導まで、ていねいにケアしてくれます。
7つに分かれた寮では、各ハウスにハウスマスターかハウスミストレスがおり、チューターと連絡を密に取り合いながら生徒の指導に当たっています。困ったときは気軽に相談できる雰囲気があります。

ページトップへ