アルク留学センター

一人ひとりの伸びる力をサポート

Wyoming Seminary

ワイオミング セミナリー

Wyoming Seminary
所在地201 North Sprague Avenue, Kingston, PA 18704-3593, USA
設立1844
対象学年9~12
総生徒数799(男子 413 / 女子 386)
寮生数164
年間費用$52,600食費・寮費含む)
サイトhttp://www.wyomingseminary.org
us_Wyoming_Seminary

ペンシルバニア北東部のワイオミング渓谷にあるWyoming Seminaryは、幼稚園に上がる前(3歳)からポスト・グラデュエイト(高等学校卒業後)学年までのプログラムが備わった大学進学準備学校です。川沿いの静かな環境にLower SchoolとUpper Schoolに分かれた二つのキャンパスを持ち、ニューヨークやフィラデルフィアなどの大都市へは車で2~2時間半の距離にあります。

この学校の教育熱心さは、教員の質、カリキュラムの充実、万全なサポート体制から窺えるだけでなく、生徒の実績に現われています。実に、卒業生全員が4年生大学に進学し、その内75%以上の生徒がハーバード、MITをはじめとする最高ランク、または非常に高いランクの大学に受かっています。アドバンスド・プレースメント(上級)だけでも19科目もの選択授業を展開し、毎年卒業生の15%が「優秀生徒」の称号を得ています。カリキュラムの大部分は大学レベルで、自信を持って大学課程に挑める力を付けるようにできています。

2年生から進学に関する個人カウンセリングが始まり、これは生徒の興味と能力に合った大学を選ぶまで続けられます。「一人一人の生徒に向き合うのが学業における成功の鍵である」という教育理念に基づき、生徒と教師が「話し合う」ことが重要視されていることも特長です。教員の2/3がキャンパス内に住み込み、生徒とキャンパスライフを共にしているので、授業外でも教師に相談する機会に溢れています。現在世界23ヵ国から留学生を受け入れており、ELSプログラムも設けられています。

寮は4つあり、各寮にコンピューターと共有談話室が備わっています。寮内でも生徒と教員スタッフが一緒に食事をする、ファミリースタイルが取られています。

スポーツや芸術のための施設も完備しており、学業だけでなく他の分野にも自信を持つ、オールマイティーな学校と言えるでしょう。

ページトップへ