【最新学校情報】イギリス寮制私立校~Westonbirt School~

イギリス南西部のグロスターシャーにあるウエストンバート・スクールは、寮生として11歳から18歳までの生徒を受け入れている寮制私立校です。
もともとは女子校としての長い歴史を誇っていた学校ですが、現在は共学となっています。
生徒は経験豊富で献身的な教師や学校スタッフのサポートを受けながら、日々学業やスポーツ、そしてアート系の活動やリーダーシップスキルを育む課外活動に参加しています。

イギリスの教育システムでは日本の生徒が高校一年から留学する場合変則的なプログラムに入学することが多く、場合によっては最初の一年間だけは準備校と呼ばれる留学生のみが在籍する学校で該当コースを履修し、二年目に寮制私立校へ転校することになります。ここウエストンバートでは、イヤー12、13(日本の高2、高3)で履修する通常2年間のAレベルコースを留学生向けに3年かけて履修するAレベル3年コースを提供しており、入学から高校修了課程まで在籍できるため転校による留学生の精神的な負担を軽減することができます。

またイギリスの寮制私立校は、学期中、Exeat(イクジアット)とHalf Termと呼ばれる寮が閉まる休暇が多くありますが、このコロナ禍において、移動を最小限に減らす 目的もあり、寮生のために寮を開けて対応しています。寮生たちは、こういった短い休暇を利用し、時間をかけて課題や宿題に取りくんだり、ショッピングなどでリラックスした時間を過ごしています。(ロックダウン中は外出不可)また留学生のために空港送迎も学校スタッフが対応しているため、お子さまを預ける保護者としても安心できる環境です。

現在、さまざまな取り組みが行われている新型コロナウイルスですが、万が一、校内で陽性者が出た場合はキャンパス内で隔離できる十分なスペースがあります。

通常は9月からの受け入れとなりますが、学年によっては年度の途中である1月、4月からの受け入れも考慮できるとのことですので、ご興味ある方はお問い合わせください。
オンラインでの個別面談も受け付け可能です。

【Westonbirt School】
▶学校詳細は下記をクリック
Westonbirt School.jpg

アルク留学センターでは他にも多くのイギリスの寮制私立校を取り扱っています。
2021年9月入学を検討している方には今がまさに学校選択のベストな時期ですので、是非お問い合わせください!